So-net無料ブログ作成

自家製鶏ささみジャーキー [おうち]

本日は、つくしさんのために毎度作っている、
「お手製ささみジャーキー」の作り方です。

用意するものは以下のもの。
・鶏ささみ
・クッキングペーパー
・包丁
・まな板
・割箸
・ペンチ
・オーブン

20110403_01.jpg

いったい何に使うんだ?!というアイテムが2点ほどありますが、
それはいずれのお楽しみです。

まずはささみの脂と皮を剥ぎ取ります。
そして、次に筋を取ります。

20110403_02.jpg

20110403_03.jpg

この筋は、普通に取ろうとするととても手間がかかりますし、
筋なしの鶏ささみを買ってきても、やはり多少なりとも残っています。
まぁ、この筋も残しておいて、歯ごたえのよいジャーキーにしてしまってもいいのですが、
なんとなしに邪魔なので取ってしまいます。
ここで例のアイテム登場。
割箸とペンチです。
できれば、割箸ではなく、スーパーなどでくれたりする、
ビニール袋を持つときにひっかける、プラスチックの取っ手があるといいのですが、
無いので割箸で代用です。

まず、ささみからちょろっと出ている筋を割箸の中ほどで挟みます。
このとき、割箸は割らずにくっついたままなのがコツです。
筋を挟んだら、割箸の割れているところを持ち、
割箸で挟んでいる筋をペンチで挟みます。

20110403_04.jpg

あとは割箸の切れているところを手で軽く挟んで持ち、
筋を挟んでいるペンチを引っ張るだけ。
これで綺麗に筋を引き抜きことができます。

20110403_05.jpg

20110403_07.jpg

この筋の周りに、多少脂がついていますので、これも取ります。
場合によっては、血合いもありますので、これも取ってあげます。

20110403_06.jpg

ささみは、筋をとったところから二股に分かれますので、
これに包丁をいれ、二つにします。

20110403_08.jpg

さらにそれを縦に二つに切ります。
大体厚み的には2~3ミリといったところでしょうか?
これをオーブンのお皿に並べます。
並べるときに、クッキングペーパーを引いていると便利です。
なければ、アルミホイルでもいいですね。

20110403_09.jpg

20110403_10.jpg

オーブンは150度で予熱しておきます。
予熱が終わったら、ささみを入れ、150度で30分焼きます。
うちのオーブンは火力が弱いせいか、36分くらいにしています。
ささみの厚さにもよりますので、微調整は必要です。

20110403_11.jpg

150度で焼けたら、しばらく扉を開けずに放置します。

ある程度時間が経ったら、今度は100度で60分焼きます。
これは焼くというより、乾燥のための時間ですので、
乾燥具合を見ながら調整をして完成です。
一応水分があるとなんなので、
焼きあがったらそのままオーブンの余熱を利用して、乾燥させます。
ちなみにうちのオーブンでは、
100度がなく、近い温度は110度なので、110度で70~90分くらい焼いてます。

20110403_12.jpg

20110403_13.jpg

一度蒸してから作るという方法もあるのですが、
そうするとお肉のジューシーさというか、
にくにくしさが無くなるような気がしているので、
我が家ではいきなり焼くようにしています。

時間はほどほどにかかりますが、
作業自体は簡単ですし、工夫をすれば、
鶏ささみだけでなく、鶏胸肉やその他お肉、お魚などでも作れます。
また、味付けしたもので作れば、人間用もできますので、
お酒のおつまみにもいいですね!

※おまけ:焼きあがるまで、オーブンの側で待っているつくしさん

20110403_00.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。