So-net無料ブログ作成

自宅にて(東日本大震災当日) [おうち]

昨日は、つくしさんの月誕生日ということで、
記念写真を撮る日で、
朝方に「今日は忘れずに帰ってきたら写真撮らなきゃね♪」
なんて言っておりました。
毎月(たまに忘れることもありますが)、
うちにやってきた夜9時前後に写真を撮っているのですが、
この日はまさか、こんなことになるとは…

職場では、微振動に自分のみが気づいていて、
「お、揺れてる…しかも長い…でかいのくるな、こりゃ」
なんて言っていたのですが、誰も聞く耳もたず(笑)
で、数秒後「グラグラグラ」
すっげぇ揺れました。

社内は騒然としていましたが、自分はしれっとしてました。
心構えができていたからでしょうかね。

で、こんなのが3発立て続けにきたおかげで、
社内どころか、外も大騒ぎです。
結局、その他細かい揺れが頻繁にあり、
仕事にならんぞとのことで、夕方4時ごろに業務終了。
(自分だけは、普通に社内に残って仕事しようとしてましたが…(^^;)

退社となり、普段なら、
通勤時間はドアトゥドアで1時間20~30分くらいなんですが、
4時に退社、帰宅は7時40分ごろ。
2時間くらい余計にかかっていますが、なんとこれでも早い方なんです。

この日は帰宅できない人も多く、帰宅難民という言葉がテレビやラジオ、
世間を賑わしました。
一般道は高速道路が封鎖のため、一気に車が流れこみ、
歩道は徒歩で帰宅する人であふれ、
公園のトイレにも行列ができ、
なかには自転車屋で自転車を買って、その場で乗って帰る人も。

自分の場合は、会社の社長が、方角が同じとのことで車に乗せてくれたので、
比較的早く帰ることができましたが、歩いて帰っていたらどうだったんだろうなぁ。
たぶん、プラス30~40分くらいでしょうか。
(実はすでにスマホのナビで、徒歩経路を検索しており、帰宅時間もチェック済みだった)

帰宅すると、玄関の飾り物とか、PC部屋に飾っていた昔のデジカメ、
結婚式のブーケ(プリザーブドフラワー)、香炉などが落っこちてましたが、
うちはあまり物を置かない、積まない家庭なので、
特に大変ではなかったです。テレビも落ちてなかったですし。
(ちなみにテレビは固定してませんでした。助かりました)

さて、そんな中、帰宅するとダッシュでつくしさんとご対面!!
ものすごい揺れて、怖かったろうに、かわいそうに…
しかも、夜遅くなるまで、真っ暗な中で、狭い中でひたすら震えていたんだろうね。
しかし、自分が帰るなりギャンギャン吠えるわ、足元絡みつくわで大変で、
つくしさんの晩御飯の準備もできなかったので、猛烈に一喝!!
ピタリとおとなしくなったので、つくしさんに晩御飯をあげ、嫁さんに連絡。

少しちらかった家の片付けをしつつ嫁の帰宅を待つも、
嫁はおばさんの家に避難しており、すでに帰宅ラッシュに巻き込まれて戻れなくなってました。
自分は、「早めに動いておいたほうがいいよ。もう少し経ったら、さらに混んで動けなくなるから」
と言っていたんですが、「もう少し様子を見てから」なんて言っていたせいで、
ものの見事に戻れなく…。
嫁が帰宅したのは、なんと日をまたぎ1時半ごろ。
そのころには、つくしさんを落ち着かせるためソファーに一緒にいましたが、
疲れからか、一緒に寝てしまっていました。

で、嫁と二人、少しお互いの状況を説明し、一息つきました。
ふと「あ、そういえば、昨日はつくしさんの撮影日だったね」と嫁さんが言うので、
「そういえばそうだった。大変な時だけれど、撮影しなければ!記録と記憶のためにも」
と、お互いにカメラを構えて撮影。
以下はその写真です。

20110312_01.jpg

20110312_02.jpg

20110312_03.jpg

ちなみに、翌日も地震は頻繁にあったのですが、
揺れたり、緊急地震速報が入るたび、
怯えて廊下の隅っこにいってました。
かわいそうでなりません( iдi )

20110312_04.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。